世界最古の金貨

世界最古の金貨と呼ばれているのは紀元前6世紀のリュディア、あるいはリディア王国だと言われています。リュディア王国は現在のトルコに位置する国家で、黒海と地中海に挟まれた場所になります。この地域の特徴として2つあります。

1つはリュディア王国の首都であるサルディスがパクトーロス河畔に位置し、このパクトーロス河畔が砂金の産地として有名であることがあります。

2つ目にこのリディア王国がエーゲ海からメソポタミア、ペルシアへと繋がる交易路の要所となっていたことにあります。こういった理由から通貨が必要になり、通貨の素材として砂金が選ばれたと見られています。
また世界最古の金貨でありながら、偽造防止策として刻印が施されていたという特徴があります。ライオンの紋章など動物と重量を示したものが刻まれていました。この硬貨という文化は後にギリシャ、ローマへとヨーロッパ方面のみならずペルシアやインド方面へと広がりを見せることとなりました。

なおリュディア王国は紀元前7世紀に最盛期を迎えます。しかし紀元前547年にペルシア軍によって滅亡、リュディア王国の首都であったサルディスはそのままペルシアのアケメネス朝の一大拠点となりました。このアケメネス朝ペルシアではダレイコス金貨という別の硬貨が造られています。