金貨の概要

金を使った貨幣である金貨は世界的に広く利用され、古い歴史を持っています。これには主に4つの理由があると言われています。
1つ目に見栄えが良いということである。多くの人が利用することになるため、どんな身分や階級の人であっても一目でそれなりの価値があることを判断できなければなりません。美しい光沢を持つ金はうってつけの素材だったと見られています。

2つ目に希少性が挙げられます。量が確保できる素材であれば偽造貨幣が出回る可能性が増えます。一部の人間でなければ手に入れられない素材が必要でした。3つ目に金自体の持つ柔らかさがあります。硬い素材だと例え専門の職人であっても加工が難しいです。また加工が失敗するようなことがあれば偽造品でなくとも偽造品扱いになってしまいます。このためには柔らかいことが必要不可欠でした。ただし柔らかすぎるために他の金属を混ぜた合金が用いられることが多いのです。

金貨最後に安定性があります。鉄や銅のような金属は空気に触れているとどうしても錆びて変色してしまいます。こういった変色は日常的に起こるもので決して偽造したわけではありません。しかし広く使われる貨幣では誰の目から見ても同じであることが必要でした。このため錆びることも溶けることもない金が選ばれたと言われています。
金の美しさは長い年月を経ても劣化することがほとんどなく、現在でも歴史ある金貨はアンティークコインと呼ばれ、人気があります。

参考〔金貨販売のゴールドコインは品揃えNo.1

また金貨の価値を測る尺度の1つに純度があります。多少の硬度を与えるために他の金属を混ぜることも多いのですが、意図的に金の割合を減らしているという場合もあります。